2カメ+資料+参加者の多元ライブ、ベルリンデモの参加者数のねつ造

ZOOM+YoutubeLiveがつくった市場

は、驚くべきものだと感じています。なぜなら双方向のライブを実現するのに、相手側は、まったくの素人であっても、グリーンバックがなくても、切り抜かれた背景で、キレイな声で参加してくれるわけで・・・・

それが車いすであろうと、ベッドの上からであっても、居住地すらも関係なく、同じソフトならではの操作教育も必要なしで、全員が双方向であるということの技術革新にひたすら驚かされます。

 

マスクをする意味は既になく

焼肉を食べる前のエプロンのごとく、日本においてもただのエチケットになりさがっています。(二酸化炭素を逆流させる命の危険性、熱中症、汗が乾燥せず菌の温床に、アルコールは身体を守る菌を殺し、花火で子供の手が燃えるなど、危険しかない状況を産む)

それが大規模抗議に発展したドイツ、2020.8.1にマスク着用に対するデモが、なんと50万人とも130万人とも言われる集まりを見せたのは、皮肉にも、いろんな規制が産んだ結果、メディアにコントロールされず、SNSを通じて個人間のやり取りが盛んになり、真実を得たから。

と同時に笑ってしまうのは、デモ参加者数の過少総計であり、ディープステートの支配下であるロイター、CNNは1.7万人、その他1.5万人とするデマや、Google検査結果が書き換えられている事実まであって、もうコロナビジネスに気づいた者たちを、強引な力で抑え込もうとして、無理が出ている状況が解ります。警察はデモ行進の公式開始前に80万人を抗議者として確認しました。

さらに情報ソースはたくあんあって、ドイツ在住のデモ参加した日本人からも、数の誤魔化しを伝えていますから、コロナが壊したものは大きいが、作ったものも大きいと感じています。悪よりも善+日和見の方が多いから。

ということで、本日の双方向&YoutubeLive ZOOM、少数精鋭でしたが新しい見せ方が見えた、良い配信になったような気がしました。

コメントを残す