新MacbookProぶっちぎりマシンと菜根譚 7月分の感想

VTUBERをYoutubeで見る機会が増え、通路の張り紙ポスターを見ても日本のアニメキャラが世界増殖する予感です。

以下昨日の勉強会での続きですが、もう生配信は15.6型インチディスプレイ1つと、15インチ外部ディスプレイがあれば広々&十分ですね。途中1時間ばかりバッテリー運用にもしましたが、性能も問題なし。

まさにCore i7-8750HとGTX 1070を搭載しながら、Amazonで28万円弱で購入したマシンは、先日Appleから出荷されたばかりの新MacbookProを3万追加してCorei9にしたマシンの動画エンコードスピードを、軽くぶっちぎっていたので、嬉しいとともに、いかに熱対策が肝であるかが解ります。もちろんDavinch Resolve15などのGPU性能は比べるまでもないでしょうし、荷物が増えるeGPUのような仕組みは興味はありません。

またYoutubeLiveでのスーパーチャットが次第に馴染んできた今、直接金融に本当近くなってきた気がしますから、いろいろ生中継の経験を活かせるビジネス展開ができそうです。

引用.
https://gigazine.net/news/20180720-i9-macbook-pro-slow-down/

 

ということで昨日の菜根譚 7月分の感想です。自身の忘備録に。

202 p.244 真実の楽しみ
心に満足することを楽しむと楽しみに、引きずられて苦しい場所に、置いてかれるのは、納得です。だから、節度が大切なのですね。

世人の満足と反対を、というのは、道なき道を行くのが楽しい人。結局は全てを楽しめる人は罪を憎んで人憎まずだから余計な苦しみがない気がします。

同様、両腕を幼くしてなくなった絵の先生は、求めるものは全て与えられたと後年、言っていたから逆境かどうかすら、幻想なのかもしれません。

 

207 p.207 気の荒い人、心和やかな人

性格が面白みがなく気が荒い人は確かに急ぎすぎてリスクを見逃して突っ走る傾向があります。一方で心和やで、平静な人は余裕があるため、、ユーモアがあって決して安請合いしない。じっくり考えあらゆる想定をしつつ、外に証拠も集めつつ、実行に移すから失敗しない。

—-

後集

—–

4 p.271 自ら世界を狭くする

四季折々の、眺めを楽しめないのは、やはり、人間として不幸だと、思ってます。難しい話ですが、ホワイトカラー、、サラリーマンは年中エアコンで、季節の感じない状況に置かれ、座り仕事をして、酒でストレス発散する。

流れ作業であってもアイデアは、常に必要で、五感で得るものが、多いと感じています。

これは健康面においても損なうものが多いと感じます。体からの信号を受信し、五感への刺激が体内時計や、必要な食べ物を思い出させ、その準備をすると感じています。

 

6 p.273 真実を呼び覚ます契機

夢の中の夢を、今日感じた気がします。まだ多くが寝ているだろう時間に目が覚め、思い切って立ち上がって机に座ると、問題解決の糸口を次々と思いつき、それを慌ててマジックを取り出し、ミスプリントの裏面になぐり書きしました。

週明けの今日、みんなが仕事を始める9時頃には、3つ、4つの妙案を、実行に移すことができて、良好な結果に繋がりました。この時、大げさながら自分がやっている様で、借りた身体を意識しました。

 

27 心頭を滅却すれば火も自ら涼し

火もまた涼しではないのですね。(^ ^)
本当の意味は火は燃やすことが仕事であるから、自分が暑いなどと思っておらず、だから自身の仕事を、志をやりなさいということのようです。

 

37 p.308 喧騒と静寂の分かれ目

日々、馬車馬のごとく忙しい日々を送るのもゴタゴタになるのでしょうね。一つに集中する真意がわかったような気がします。

現代はまさにスマホの弊害、ある種、脳と天の交信を人が妨げることになり兼ねない気がします。

新規ビジネスも心落ち着く場所であらゆる側面から漏れなくリスクも前略もシミュレーションすべきであり、あらためて落ち着いた時間、ネットから離れた時間が必要なのだと思い出させてくれました。

コメントを残す