映像業界への思い

映像業界をもっと安定させたい

SEを辞めて、映像業界を学ばせてもらっていた当初、
先輩カメラマンや音声さんに、なんでこの業界に入ったん?
といつも聞かれ不思議に思っていました。

それが電話でのやりとりを聞いて理解できました。
まだこの業界やっているか? おお良かった。そしたらある案件があって・・・」

とても不安定な業界。かつてカメラマン登録頂いたゴジラ映画の撮影カメラマンが、フィルムの仕事がなくなりコンビニで働こうかと言っていたことを思い出しました。

もちろん商売だから淘汰は理解できます。しかし、その道一筋 何十年も専門にやっていたところがつぶれて、翌日から別の職探しにいく っていうのは何か日本の大きな財産損失に思えて仕方ありません。しかもタブレット、スマートフォン時代、コンテンツビジネス真っ盛りになるこの時代にです。

映像業界をもっと安定させるべく、私のできることを努力していきます。

ひとりでは小さなことしかできませんが、全国のカメラマンが一斉に集まれば大きなことが出来ると思いついた後は、とてもわくわくしています。

 

技術財産の損失

財産の損失と同時にビデオカメラマンのやるべきことだと確信した記事です。

(日経新聞2004.5.27朝刊より)「弟子はビデオカメラ」新潟県中城町 日立産機システム社。技能工歴30年、金属の表面加工や組み立てで総理大臣賞も受けた腕前をもった社員がビデオカメラの前に立った。
ヤスリを持つ手を小刻みに滑らすと、数千分の1ミリの凹凸は 鏡のように平らに仕上がっていく。「匠の技」の実演をカメラが追う。撮影は「技術を次代に残したい」という日立の計画の一環。手取り足取りで伝承してきた技を、たかが動画で伝わるか を考える余地はない。
新人配属が8年間ゼロ。伝えたくても相手がいない。技術が消える恐怖より、どんな形であれ残るほうが・・・という思いが、カメラという弟子に思いを託す。

大手でもこうだから東大阪、大田区の中小企業は? 想像は難しくないと思います。
ビデオカメラマンがいないところをサポートしたいという想いが強く芽生えました。

 

病気ってなんだ?

会社設立後、映像制作を基盤にHP制作や、映像の強さを証明するべく、自ら通信販売にも手を伸ばしました。いろんな良い出会いの一方で、誰もが体験するだろう辛い経験を味わいました。

お世話になっていた映像の監督さんが50代の若さで亡くなり、また祖父、祖母が他界。祖父はとても元気でしたが、自転車で転んで足を骨折。事前検査で見つかった内臓治療優先という理由で、放っておかれた足がいっきに悪くなりました。ベッドがないから病院を追い出され、高価なベッドを自宅に置いた直後になくなりました。人間歩けなくなってからのもろさを、まさにここで体験しました。葬式で流した記録ビデオはしばらく会っていない人たちに喜ばれました。

まだ60代、消防ボランティアの世界で国から賞をもらうほどの元気バリバリの親戚のおっちゃんが癌になり、がん治療薬投与で、みるみるうちに顔つきが変わりました。レンガ関係の仕事で長年マスクなしで粉塵を吸い込んだことが要因でした。余命1年未満。冗談を言い合っていても、痩せこけた顔を見ると、あと何回映せるだろうと回すビデオ撮影の手が震えます。

さらには精神の病を克服した絵画のアーティストと、いっしょにビジネスしようと契約した矢先に、処方薬を多少多く飲んだだけで、翌日亡くなりました。2012年6月のことでした。絵画が売れなくなり、みんな辞めてるんだという言葉が耳に残っています。ご家族の判断で、当人が喜ぶならと契約継続し、現在スマートフォンケースとして、すばらしい絵を気軽に楽しめるようにしました。

 

2011年3月11日東日本大震災。助かったはずのたくさんのご老人が二次的災害でたくさん亡くなくなる二次災害を知りました。要因は飲み水が優先され、うがいや入れ歯洗浄が出来ず、体力が弱った老人の肺に細菌が入る誤嚥性肺炎でした。まさかと思い調べてみると、神戸大震災でも1,000人の震災関連死のうち肺炎が2割以上を締めていました。極めつけは震災があった翌年の国の調査。60歳以上の死亡要因で肺炎が4位から3位に上昇、あきらかに震災が影響しており、菌の怖さを見せつけられました。

その一方で、知り合いの97歳のおばあさんが、息子さんに抱かれて眠るように亡くなりました。お隣さんの話によると、亡くなる当日、おばあさんは畑で農作業をしていたとのことでした。命を全うするとはこのことかと。

防げない災害もあるけど、人が救える命もたくさんあると強く感じました。

そしてわたしたちに 何ができるだろうかと。

 

事例を通じて

 

いつ命を失うかわからない

オランダで始まった自由を奪われ、落ち込む子どもたちから、子どもらしさや好奇心を引き出し、取り戻す活動を日本でもと始まった日本クリニクラウン協会(NPO)さん。まさに立ち上げのころ、プロモーションムービー制作で関わらせて頂きました。

「メディアは自分たちが言いたいことが伝わらない」「ピエロ=道化師=お笑い 要素にされるが、クリニクラウンは悲しいときにも子供に寄り添う」など、代表の人から直接お電話を頂き、とてもうれしかったことを覚えています。しかし撮影現場は、いつ命を落としてもおかしくない小児科病棟で立ちすくんでしまいましたが、子供たちはとてもにこやかで、逆に勇気をもらいました。

働くとは何か

会社設立後、脳性まひで車椅子、会話不能、複数のお友達とルームシェアする女の子の

ドキュメンタリー映像制作の依頼を受けました。20歳で大学に通いながら、別の大学で非常勤講師として、また保育園で契約職員として保育補助などを行う彼女。ほぼ毎日外に出かけ、ヘルパーやその仲間を、1年間追いかけました。

ドキュメンタリーは初めてのことでいろいろ戸惑いましたが、環境に恵まれなんとかDVDが完成しました。とくに、働くとは何か、障害とは何か、人間の尊厳とは、という大テーマを、同級生や、小学校時代の先生、大学教授、バイト先の保育所、民間のヘルパー会社へのインタビューを通じていろいろ学びました。

その後、ある会を通じて今井純子さんを知りました。

さらに岐阜の清香苑さんとのご縁を頂きました。地元を中心とした活動を行い、葬儀会社でありながら、現地ソロプチミストを設立し、ご先祖の縁や絆を大事にする活動を行っておられます。我々は特に企業様の創業者の思いを伝える活動に関わらせて頂きました。(周年ビデオ、お別れ式
での自分史映像等)

 

神道は”教え”ではなく”道”。仏教は神道を体系付けた”解説書”

やがて宗教哲学に詳しい先生と知り合い、神道、仏教などの良いところを学びはじめました。するとカメラマンさんを通じて奈良県 石光寺さんでの情報発信支援とイベント取りまとめが決まり、そして南御堂(難波別院)さまでのアニメ制作へとお仕事が繋がっていきます。

まさに創業6年の間に、何かに導かれるように、やらねばならないテーマをひとつづつ体験させて頂いている気持ちです。

即今亭只今(そっこんていただいま)

日本神道流にいうと、あなたの過去の行動が現在に繋がっている と。自分がまいた種(縁)と因縁の掛け合わせで物事や現象が起こっているといいます。だから日々判断ゴトは多いとしても、安易に選んではいけない。真剣にやるべきなんです。安請け合いも同様。とても引き締まります。いい加減にやるといい加減な仕事や人が集まってくるのも同意だそうです。

今年2013年の日本は式年遷宮の年。第一回は690年、古事記編纂から数えても約1300年経過している国なのです。世界でこれだけ長く続いた国家はなく、一貫した歴史書もありません。都合の良いことも悪くないことも、古事記には書かれているといいます。閉ざされた環境だから他国から学ぶべきことは多いのですが、歴史は勝ったものに都合良く書かれるのが常です。聖徳太子「和を以て貴しとなす」という国づくりのコンセプトが引き継がれている国は、他国に誇れるものなのです。

もっとも宗教の神様の名前はなんでも良く、各人が信じるもので明日ががんばれればそれでいいのではと、今も無宗教で通しています。現在は良い先生が見つかり、ベストセラーである聖書もキリスト教も、勉強させて頂いています。

 

コメントを残す